代表ごあいさつ

 皆さんは、「マグネットの三島」として世界に知られた偉大な工学者「三島徳七博士」をご存知でしょうか?
 三島徳七博士は、私たち淡路島洲本市五色町の出身で「MK鋼」を発明し、20世紀の世界の産業技術の進歩発展に大きく貢献しました。その発明は今日でも多くのエレクトロニクス機器(テレビ・ラジオ・自動車etc)に用いられ、私たちの便利な生活になくてはならない存在となっています。1950年には文化勲章を受章、特許庁が掲げる日本の十大発明家の1人でもあります。
 この郷土が生んだ偉大な工学者、三島徳七博士とその長男である三島良績博士(原子力安全性の世界的権威者で世界的な工学博士)を一人でも多くの方に知っていただきたく、三島徳七博士生誕120周年を記念にこの度ホームページをリニューアルしました。
 私たち三島博士顕彰会では、青少年健全育成を目標に、子どもたちの体験学習を通じ、又顕彰室に陳列してある博士たちの足跡を子どもから大人まで多くの人々に学んでいただきたいと思います。今後は、当会の活動をこのホームページや併設しますfacebookページなどでも情報発信していきますので、活動等にご理解をいただき行事等に参加いただければと思います。
 これからも当三島博士顕彰会をご支援よろしくお願いいたします。

役員一覧

平成29年 現在

会長 髙坂 健
副会長 小林 広志 浜田 和夫
事務局長 柿本 俊和
顧問 元会長斉藤 貢 元会長藤井 寛 元会長大上 雅紀 前会長徳田 正

トップへ戻る