三島博士顕彰会パンフレット

三島博士顕彰会とは、淡路島の洲本市五色町が生んだ偉人。三島徳七博士と長男の三島良績博士の親子二代を顕彰し併せて健全な青少年の育成に寄与することを目的に、平成9年6月に設立されました。


>> P.3

3ことだと思います徳七博士の歩み西暦(年号)1893年(明治26年)1907年(明治40年)1911年(明治44年)1913年(大正2年)1916年(大正5年)1920年(大正9年)1921年(大正10年)1928年(昭和3年)1931年(昭和6年)1932年(昭和7年)1933年(昭和8年)1937年(昭和12年)1938年(昭和13年)1939年(昭和14年)1940年(昭和15年)1941年(昭和16年)1942年(昭和17年)1943年(昭和18年)1944年(昭和19年)1945年(昭和20年)1947年(昭和22年)1948年(昭和23年)1949年(昭和24年)1950年(昭和25年)1951年(昭和26年)1953年(昭和28年)1954年(昭和29年)1955年(昭和30年)1956年(昭和31年)1957年(昭和32年)1958年(昭和33年)1959年(昭和34年)1960年(昭和35年)1961年(昭和36年)1962年(昭和37年)1964年(昭和39年)1966年(昭和41年)1967年(昭和42年)1973年(昭和48年)1974年(昭和49年)1975年(昭和50年)正三位法名できごと広石村下組(現五色町広石下)喜住甚平の五男として出生広石尋常高等小学校卒業立教中学校四年編入試験に合格し、同校へ入学立教中学校卒業、第一高等学校入学第一高等学校卒業、東京帝国大学入学東京帝国大学工学部冶金科卒業、東京帝国大学講師、三島家の養子となり結婚東京帝国大学助教授「ニッケル及びニッケル合金の焼鈍脆性」の論文により工学博士の学位を授与される永久磁石「MK磁石鋼」を発明服部報公賞を受ける日本鉄鋼協会香村賞を受ける紺綬褒章を受ける帝国発明協会恩賜賞を受ける、東京帝国大学工学部教授(昭和28年迄)科学審議会委員、自動車技術審議会委員社団法人発明協会理事(昭和40年迄)日本学術振興会小委員会委員長叙勲三等瑞宝章を受ける、科学技術審議会委員(昭和23年迄)造幣局研究顧問戦時研究員帝国学士院恩賜賞を受ける社団法人日本鉄鋼協会会長日本学術会議会員日本学士院会員、社団法人日本金属学会会長藍綬褒章・文化勲章を受ける文化功労者に決定される、第一回世界冶金学会議に日本代表として出席(米国)東京大学名誉教授、日本金属学会名誉会員、国際鋳物学会に日本代表として出席(フランス)社団法人日本鋳物協会会長、航空技術審議会委員日本鉄鋼協会製鉄功労賞を受ける日本電子力研究所参与、日本原子力委員会参与(昭和50年迄)アルバート・ソーバー賞を受ける、第二回世界冶金会議に日本代表として出席(米国)日本鉄鋼協会表彰を受ける、工業技術協議会委員、産業合理化審議会委員科学技術庁参与、金属材料研究連絡委員会会長日本熱処理技術協会会長新技術開発事業団開発審議会会長、日本金属学会賞を受ける、日本鉄鋼協会名誉会長ルイジ・ロサーナ賞を受ける発明奨励審議会会長、中小企業近代化審議会専門委員英国鉄鋼協会名誉会員、フランス金属学会名誉会員叙勲一等瑞宝章を受ける日本金属学会本多記念賞を受ける、財団法人総合鋳物センター会長第二回日本産業技術大賞を受ける社団法人発明協会より感謝状を受ける11月19日午後0時30分逝去勲一等旭日大綬章追贈される高徳院泰翁鉄腸大居士


<< | < | > | >>